Primary Care Institute Japan

関連した学術発表

年代順です

論文
一瀬直日. 報告: 家庭医療学指導者養成研修の経験. 家庭医療 2004, 11巻1号, p 36-45
http://plaza.umin.ac.jp/jafm/journal/pdf/vol11no1/11_1_36.pdf

学会発表(口演,ポスター)

1. 一瀬直日,岡田唯男.「家庭医療指導者養成へ向けて-短期FDの試み-」,口演発表,第18回家庭医療学会学術集会・総会 ,東京,2003年11月

2. 喜瀬守人、田頭弘子、岡田唯男. 口演 「半年間のFaculty Development (FD)~指導医養成コースの経験から (1)~」第19回日本家庭医療学会 学術集会. さいたま、2004年11月7日
Pre HANDSの取り組み 初回1ヶ月集中型との比較
リンク

3.田頭弘子、岡田唯男. 口演「FDによるセッション作成、実施、評価内容への変化と学習者の学び~指導医養成コースの経験から (2)~」. 第19回日本家庭医療学会 学術集会. さいたま、2004年11月7日

4. 岡田唯男. 口演「FDコースのアウトカム評価~指導医養成コースの経験から (3)~」 第19回日本家庭医療学会 学術集会. さいたま、2004年11月7日
Pre HANDSの取り組み アウトカム評価
リンク

5. 岡田唯男. ポスター「P2-18. Home/Away 型 part time 指導医養成フェロー シップの試み(HANDS-FDF)」第 37 回日本医学教育学会総会および大会  東京大学本郷キャンパス :2005 年 7 月 29、30 日
概略について
リンク

6. Okada T, Kise M, Tagashira H. Scholastic Poster:「HANDS – FDF : Home / Away Nine Day Faculty Development Fellowship in Japan」39th. STFM Annual Spring Conference. Society of Teachers of Family Medicine. San Francisco, CA, USA. April 26–30, 2006
海外での紹介
リンク

7. 岡田唯男, 喜瀬守人, 田頭弘子. 口演 「O2-30: Home / Away型 part time 指導医養成フェローシップの試み  (HANDS-FDF) -第2報:アウトカム評価-」第 38回日本医学教育学会総会および大会  奈良 2006 年 7 月
アウトカム評価
リンク

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。